海外バイナリーオプション投資マスター

国内規制による海外人気

国内規制による海外人気

国内規制による海外人気

日本では2009年に始まったバイナリーオプションですが、最初はまったく知る人ぞ知るという存在でした。FX取引をしている人が息抜きでするようなものだったのです。それが2011年に日経新聞が取り上げてからというもの、人気が急上昇して、2012年には前年比で30倍という投資金額となったのです。

中毒性があるのとギャンブル性が高いということで2013年に規制を受けることとなった国内取引は急速にその勢いを失っていきました。それとは逆に人気が出たのが海外のバイナリーオプション取引業者です。

海外ですから当然、国内の規制の対象外ですから、それまで通りの取引ができ、かつ国内取引よりも多彩なオプションが満載で瞬く間のうちに人気となり、現在に至っているのです。中毒性やギャンブル性が高いというのは投資したお金がゼロになることが大きいのですが、今のところ少額取引であるという性質上それほどの問題とはなっていません。

確かにワンオアナッシングということで手持ち資金がどんどんなくなっていくリスクはありますが、相場を読見切ることで勝率は上がっていきます。相場を見る目が確かなものになれば、ずっと負け続けることもありませんので損失も最小限に抑えることができます。

海外バイナリー業者
海外業者の選び方

copyright(C)海外バイナリーオプション投資マスター